新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ストライキ。。。

NYでは12月20日(火)の午前2時過ぎ頃からマンハッタン・クイーンズ・ブルックリン・ブロンクス・スタッテンアイランドを運行している全バス・地下鉄(Metropolitan Transportation Authority)がストライキを実行しはじめました。日本で言うと「賃上げ」その他もろもろの交渉の末に行われたわけですが、最終日までに会社側、そして労働組合側の提案の折り合いが合わず、やむなく労働組合がストライキを決行した形となります。実際にストライキが行われたのは25年ぶりだそうです。
d0064134_23784.jpg

*テープで入れなくなっている地下鉄のゲートです。
ニュースではじめて知ったのですが、NY市では一日に7百万人が地下鉄・バスを利用するとの事。交通渋滞を防ぐため、午前5時から11時まではタクシー・車には必ず4人が乗車していないとマンハッタンには入ってこられません。
d0064134_255878.jpg

*だれもいない地下鉄のブース
あいにく、私はマンハッタンに住んでいて、仕事先までは歩いて20分と条件の良い場所なので困りませんでしたが、いつも11時出勤の同僚(ウェイトレス・キャッシャー・バスボーイ・キッチンヘルパー・ディッシュウォッシャー)は皆遠くに住んでいるにもかかわらず朝6時からタクシーで通勤してきたり、歩いたりと時間内にしっかり出社してきていました。板前さんたちは私よりも早くて9時前には出社済みでした。

**この時とばかりにタクシーはメーターを使わなくていい事になってしまっています。ただしクイーンズからはどこから乗ってもマンハッタンまで片道$15.00、マンハッタン内は$10.00と普段よりかなり高額です。もちろんクイーンズからマンハッタンに入る場合、タクシーには後部座席に3名、助手席に1名と必ず乗員が4名いなければ入れてもらえません。
d0064134_295967.jpg

*車が全然通っていない5番街。
仲良くしているキャッシャーのおばちゃまは実はいま74歳。いまだに現役バリバリで働いているのですが、彼女も朝10時には既に出勤。その姿を見たとき、少し「ほろり」と泣きそうになってしまいました(だって彼女は身長が145cmくらいしかなくて小さいし、毛皮を着ているのでまるで小熊ちゃんのように可愛いのですよ、よくしゃべってたまにうるさいですが)。
今朝の気温はマイナス5度。彼女はマンハッタンとクイーンズを渡している橋を45分歩き、そしてマンハッタンに入ってからタクシーで会社まで来たそうです。キャッシャーなんて簡単な仕事と思うかもしれませんが、彼女の仕事に対する責任感に感動してしまいました。

朝のニュースでもたくさんの人たちが早朝5時ごろに起きて寒い中ブルックリンブリッジなどを仕事場に向けて歩いている姿が写されていました。「こんな日は仕事は休んでもいいや」と思って休んでいる人たちもいるのかもしれませんが、それでもたくさんの人たちがこうして長い距離を歩いて仕事場に行き、そして仕事をしている。「仕事をする」という事を考えさせられたストライキです。
d0064134_2225389.jpg

*上手く訳せませんが、多分スト中は車を止めちゃ駄目??(かなり怪しいです。信じないでね)
MTAと労働組合との交渉が上手く折り合うまでストライキは続きます。25年前は12日間行ったそうです。1日行われるだけでも相当な経済的ダメージがNY市にあるため、ストを1日実行すると労働組合には2百万ドル百万ドルの罰金、そしてストを行ったバス・地下鉄の運転手にも一人頭いくらかの罰金が1日ごとに課せられるのだそうです。

一日も早くストライキが終わる事を望んでやみません。皆さんがこのエントリーを読む頃には終わってるといいなぁ~。
[PR]
by kaorin-ny | 2005-12-21 02:37 | ニューヨーク