新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

引越します!!  その②

はふぅ~、彼女の話をすると、私までネガティブ・パワー炸裂しちゃいそうでねー、本当は嫌なんですけど、しゃべっちゃった方がすっきりしますのでこのまま続けさせていただきますね。


あっ、つい先程、お世話になっている不動産から連絡が入りまして、6月から入居予定の新物件の現住人さまがもう数ヶ月延長して欲しいと大家さんに連絡したそうで、私の入居も多少伸びそうな予感です。 今月中にははっきりする模様!! 以上実況中継でした~。



で、続きですが・・・・・

2004年はその2日間以降苦情を言ってこなかったんです。あの出来事が2月ごろ、で久しぶりに9月頃にエレベーターホールで朝会ったことがあったんです。その時に、『あら、引越したかと思ってたわ。まだ住んでいたのね!!』なんて言ってくる始末。私は『このおばさん、耳が悪いんじゃないかな?』と思いました。または痴呆症にかかり始め、または既に痴呆症なのでは??と。


で、2005年の1月末ごろ、会社から帰ってみるとドアのしたから紙ッ切れに『Do not use a shower between 11pm and 6am - Management Office(夜の11時から朝の6時まではシャワーを使わないで下さい。-管理会社)』なんて汚い字で、しかもたくさんのスペルミス有の英語で書いてある物が入れ込まれていました。もう、隣のおばさんだってばればれな訳ですが、それでもほっておきました。


そして忘れた頃の12月。朝、会社へ向かおうと部屋を出ると、またおばさんが待ち構えているではありませんか。『はー、またか。』と思っていると、もうこちらには一言も言わせる隙を与えようともせずまた夜のシャワーがうるさいだの言って来た。もう、今となっては何を言われたか忘れてしまったけれど(いつも同じ事なので)、『私は働く女性だから夜10時半には寝るのよ、だからあんたに夜中にシャワー使われると眠れなくて困るのよ!!』みたいなことを言っていたような。


kaorin:(あのー、仕事本当にしてるんでしょうか??あなたみたいな年寄りを雇ってくれている会社があるとも思えないし、普通の会社なら既に皆さん出勤している時間なのにあなた、きったない下着みたいな服でうろうろして。単なる不眠症なんじゃ??)と心の声でつぶやく私。


その夜は、やはり私としては早めの夜11時半にお風呂にはいったのですが、そうしたら壁を『バンバン』すっごい音を立ててたたいてくるんですよ。これって下の階にも響いていてシャワーがうるさいどころかあなたが騒音公害なんじゃ??とも思いましたが、黙って1階のドアマンに苦情だけ言ってその夜はおしまいしました。


翌朝、『ジャジャ~ン!!』(MSNメッセンジャーのログ・オンの音声入れたい感じ!)。おばさん再登場!!棍棒持って待ち受けてました。私に棍棒突き向けながら言って来た言葉、『殺されるかも!!』とマジで危機感覚えたのではっきりと覚えていますとも。


ばばあ:『If you use your bathroom after 11pm again, I will break all your FXCKING bones.』
(今度夜の11時以降にシャワー使ったらあんたの全部の骨たたき折ってやるから!!)

(良い子の皆さん、F-wordを使うのはいけませんよ。)

この後、警察に行ってポリスリポート(被害届けみたいな物)をファイルしてきたのは言うまでもありません。


年が明けて2006年。あれ以来、一応気を使って(そんなに使わなくても良いのでしょうけど)夜の11時までにはお風呂を終わらせてる私。時々、うちの相方君が夜中2時半とか夜の11時過ぎにシャワーを使うこともありますが、シャワーだし、たかだか5~10分だけだし、全然問題なく行っているはずでした。


そして、つい先日の4月27日木曜日の朝。
いつもより気持ち2分くらい早く会社へ向かおうとドアを開けたとき、外から鍵をカチャカチャする音が。『いやぁ~、もしかしたら、あのばばあかな~。』なんて思っていたら、やはりあのおばさん。私が外に出るや否やおもむろに話しかけてきました。


ばばあ:『Rachel, do you have any medical problems?(レイチェル、あなた病気なの?)』 『あなた昨日の夜中2時半頃にシャワー使ったでしょ。お願いだからやめて頂戴。』


と第一声。どうやら私があのおばさんの今まで言って来た事を理解できていない事自体が私の病気だと言いたかったらしいのです。要するに私に学習能力がないと言いたかったのかも??


kaorin:(病気な訳ないじゃん。しかも、レイチェルって誰??私日本人なんですけど、何で英語の名前で呼ぶわけ??)と心の声。
『昨日は11時前にシャワー終わらせましたけど。』ととりあえず言ってみるも、全然聞く耳すら持たないこのおばさん。


私も仕事に遅れるのが嫌だったので一緒のエレベーターに乗ってずーっと愚痴を聞いていましたが、何度も何度も『レイチェル、レイチェル!』と読んでくるのでついには、


Kaorin: 『何で私のことレイチェルって呼ぶの?レイチェルって英語の名前でし
ょ?』
ばばあ: 『あら、あなたレイチェルって言ってたじゃない(言ってないっツーの)。あんたの名前何よ?日本人でしょ??』


しまいにはこうですよ、


ばばあ:『Someting's wrong with you. Something's really wrong with you!(何かおかしいわ。何かあなたはおかしすぎる!)』


と言って来た。どうやら私が彼女に嘘の名前を教えたと思い込んで私自身がおかしいと言い続けているんですよ。


ココで即決です。 『もう引越ししかないな』と。
もう、怒らない様に、怒らない様に我慢してるのですが、腕とか『フルフル』してくるんですね。で、また心臓がバクバクする訳なのです。こんな風に私もお風呂入るのに時間制限あって(って、どこぞの学生寮でもあるまいし!!)、相方君も好きな時間にシャワー使えなくて、こんなに気を使ってあげているのにぶつぶつ言われてばかりでは私は萎縮してしまいます。私の人生、どこ行ったー!!ってな具合です。


私がお付き合いさせていただいている不動産屋さんの方がまた面倒見の良い方なので、もうその不動産の物件情報手当たり次第当たって、すぐに電話しました。$100.00ほど家賃は上がってしまうものの、今のアパートのビルの隣のビルで条件はほぼ同じ。

私の住んでいるアパートは小さいながらも光熱費は家賃に含まれている物件です。夏にエアコンをガンガン使う相方君と、広いけれど遠方で光熱費・交通費がかかる所を色々天秤にかけると、狭いながらも今の場所が落ち着いていて素敵な場所なんですね。アパートの前には手入れの行き届いた花々が咲き乱れる綺麗な公園もあるし。しかも、安全だし、会社まで歩いていけるのはやはりおいしいのです。


と、色々と説明が長くなりましたが、こんな隣人とのやり取りが2年以上も続き、もうあのおばさんには付き合っていられないので引越す事にあいなりました。
『もう、我慢してないで引越しなさいよ~!』という天からのメッセージだと思って引越します。荷造りさえなければ結構引っ越し好きな私です。面倒くさい仕事は相方君に任せて、新しい場所でのNew Life(あっ、そんなに変りませんけどぉ~)楽しみたいですね~。


はぁー、ニューヨークでの生活はお金が貯まりません(涙)。トホホ・・・。

**どうしても最後まで『ばばあ』と使わずにいられませんでした。不適切な表現がありましたことをお詫びいたします。
[PR]
by kaorin-ny | 2006-05-02 06:31 | つぶやき