新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

空に輝く2つのお星

皆様、ご無沙汰しております。


6月7日(水)、無事引越しが完了いたしました。
いやー、甘く見ておりました。同じビル内での引越しなので大きいものを運び込んだら数回往復すれば終わるね~なんて高をくくってたのですが、


全然終わらない・・・・・


終了したのは日付が変わるちょっと前の夜11時50分。明日は仕事があるのに・・・でもお風呂入らなくちゃ!!って、早速新居での真夜中お風呂タイムをエンジョイしましたよ。
いつもの癖で『隣の人、うるさくないかな~?』とかなりのびびりーだったのですが、久しぶりにゆっくりとしたお風呂を堪能いたしました。


で、今現在の部屋なのですが・・・・・当然ダンボールは山積みで、クローゼットスペースも前の部屋より小さくなってしまい、今からもっと捨てるものを選別しなければならなくなってしまいました。貧乏性の私は、捨てるのに時間とかなりの決意を要するのですが、今回は場所も無いので致し方ないというか・・・。捨て魔に見事変身して見せます、成長してみせまする~と決意新たに。


隣の『ばばあ』は、引越し当日朝の11時ごろ、ドアを開けて荷物を搬出する私、アーンド相方君に向かって、


ばばあ: Are you moving? Bye~☆
             (引っ越すの?バァ~イ☆)


などと言ってきやがりました。完全シカトなんですけどね、こちらは。体力は温存しておかなければいけませんでしたのでね。
で、午後5時ごろも新居から空のダンボールを持って戻ると、私の部屋の前でビルの掃除のおじさんとゴニョゴニョ話しているんです。多分、完全に引っ越して出て行ったか確認したかったんでしょうけど。


kaorin:そんなに早く終わるわけないじゃん!!


とか心の中でぶつぶつ言いながらまたまたシカトしてました。そんな私の決意なのですが・・・・・


kaorin:いつか絶対『ピンポン・ダッシュ』してやる・・・>フフフ。。


と密かにもくろんでいます。<--あっ、うそですよ(かなり本気ですけど)。



と、そんなこんなで引越し無事完了です。ご心配を頂きました皆様、本当にお騒がせいたしました。そしてありがとうございました。これから徐々にエントリーを増やして行きたいと思っております。



実は以前のエントリーをする2日ほど前にピンポンが、そしてそのエントリーをした3日後にファットバスターがお星様になりました。


一度に2匹も失ってしまって私としてもすぐにご連絡としてエントリーすることが出来ず、今日になってしまいました。



ピンポンは以前もエントリーしたことがあるのですが、アルビノというお目目の赤い染色体異常の体の小さい子でした。バランス感覚が悪く、いつもパタパタ後ろにひっくり返ったりしていた為か右目が飛び出る「眼球突出」、そして亡くなる数ヶ月前からはその目が白内障、そして背骨が少し湾曲してせむしさんのようにさらにバランスが悪くなってしまっいて、こちらも見ているのが辛いな~と思っていました。
亡くなってしまったこことは非常に残念なのですが、ピンポンがこれ以上苦しまなくていいんだな~と思うと少し心が和みました。ゆっくり休んでね。(推定)1歳4ヶ月でした。
d0064134_943297.jpg

ファットバスターは、もらわれてきた時はちょっとポチャポチャしていたのでこんな名前を相方君に『一時的』につけられてしまったのですが、それがそのまま名前になっちゃって。ごめんね~。
d0064134_949124.jpg

5月26日のエントリーにも書きましたが、急に「フラフラ」してまっすぐに歩けないのを見て、「あぁ~、もうその時が迫っているのかな~?」と毎日心配していました。でも次の日、その次の日とだんだん回復するのを見て『おっ、まだ大丈夫だね!』と安心してしまったのですが、土曜日の夜から日曜日はずーと回し車で遊んだり、ジャンプしたり。普段なら疲れて巣箱に戻って寝るのですが、この日だけはずーっと起きっ放し。

やはりご飯を上げる時に亡くなっているのに気づきました。半身が巣箱から出ていて眠っているような表情でした。多分、よろよろながらも回し車に遊びに行こうとしてたんじゃないかな~と思ってしまうほど(笑)。どの子も可愛いのですが、このファットバスターはピカイチ優しい顔をしていて穏やかで、どれほど彼に癒されたかな~と。ありがとうね。
彼の場合は老衰で、大往生だったと思います。(推定)1歳11ヶ月でした。

只今、ファービーのみが悠々自適で私と相方君に甘やかされてます(爆)。もう普段は私の気持ちも落ち着いているのですが、あの時のことを思い出してエントリーとなるとやはり涙がこみ上げてきますね(苦笑)。
小さい命だけれど、人間も小動物も同じだな~なんて、『命』について勉強させられたような感じです。


今頃、回し車回してるのかな~。いっぱいおやつ食べて遊んでね~。本当にありがとう。
[PR]
by kaorin-ny | 2006-06-14 10:02 | 今日のハムズ