新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ニューヨーク( 26 )

d0064134_7494323.jpg

水曜日、木曜日と最高気温が20度近くも有って汗だくだった私。


なっ、なのに今日(3/16金)は朝からマイナス気温。霰(あられ)、ぼた雪、霙(みぞれ)、何がなんだか分からないけれど、とどのつまりは雪模様+風の空模様。 寒いです~。


そんな中、ブログ友+ミク友のとんまり's Diaryのとんまりさんが旦那様とお義母さまとNYに滞在中♪ 私の職場(レストランだす)も訪問してくださいました~。
またまたヨガ繋がりの新しい出会いです。ありがたや~、ありがたや~(って、もう少しヨガしないと!!とあせる気持ちのほうが大きかったり)。ルナへのお土産もありがとうございました。
d0064134_8125590.jpg

『とんまりお姉さま、お土産ありがとうにゃん♪』


明日は、セント・パトリックデイです。NYは朝から大賑わい(なぜなら、皆朝からビールを飲むのですよ)!!レポートできたらお知らせしますねん
[PR]
by kaorin-ny | 2007-03-17 08:15 | ニューヨーク

母、訪米!!

ちょこっと前に母が私の家を訪れておりました。
58歳の母の初めての海外旅行、そして一人旅。毎年私も実家に帰りますが家族旅行が出来るのはせいぜい1泊2日と短い物ばかりで1週間も母と一緒、しかも2人きり、部屋も一緒というのはもしかしたら生まれたとき以来なのでは??と思います。


意外と現地に住んでいると『いつでも行けるし~』といった感じでガイドブックに載っている場所には行かないものですね。今回は、母のガイドブックを見ながら『もし、初めてのNY旅行だったらどこに行こうか?』と計画を立てていわゆる『観光地』に足を伸ばしてみました。
NYにいらした事がある方、住んでいらっしゃった方には『なつかし~』、いらっしゃった事が無い方は『お~っ!』と思う(かも?)写真を撮ってきましたのでアップいたしますね~。


今回の行程は
6月21日(水)  母、到着、家に帰って数時間昼寝をして夕方Whole Foods Marketへ。
6月22日(木)  メトロポリタン美術館(MET)へ。 6時間以上もいたためグロッキー。ここのみ。
6月23日(金)  セント・パトリック寺院、MoMa(ニューヨーク近代美術館)
6月24日(土)  午前中お土産探し、ニューヨークシティーバレエのバレエ鑑賞(母がバレエ好き)
6月25日(日)  ブルックリン・ブリッジ、自由の女神、グランド・ゼロ、チャイナタウン
6月26日(月)  午前中、私は仕事、母はマンが読み、午後、私グロッキーで発熱。とうとうどこも行かず。
6月27日(火)  夜にブロードウェイで『ライオン・キング』を鑑賞(99岡村のハイエナのダンスが見たかった~)
6月28日(水)  母、帰国。


と、私の同僚(50歳)に言わせると「私でも疲れるよ!」的なスケジュールで母をNY中引きずりまわしていました。今日は初日とメトロポリタン美術館編をお届けいたしまーす。

+++という事で、メトロポリタン美術館(MET)編+++
[PR]
by kaorin-ny | 2006-07-09 04:31 | ニューヨーク
御無沙汰しております。


引越し先も決定して、今は引越しへ向けての部屋の大掃除を毎晩しております。会社に近い事、狭いけれど治安が良くて安心な事、街のど真ん中な割にはビルの前に公園が2つもあって静かな事、光熱費が家賃に含まれていて電化製品(エアコンなど)を思い切り使えることを考えると、今現在住んでいるアパートが一番条件が整っていて、偶然にも今のアパートの大家さんがもう一つ部屋を持っていて、またまた偶然にも6月いっぱいで現在のテナントさんが引っ越すということで、同じビルのちょっと下の階への引越しと決まりました。
d0064134_1381980.jpg

(ビルの前の公園です。かなり広い公園で、ちょっとしたオアシス的存在。)


私が住んでいるビルは入居・引越しの際には特別な費用が$150.00~$350.00かかってしまいます。が、ビルの管理会社の担当の女性(お会いした事があるのですが、絶対に私より年下、可愛い!)が私と隣のおばさんのいざこざを覚えてくれていて、最低限の費用で引越しできるように手配してくれるとの事でした。うれしい限りです。


いろいろと書類の手続きがあるためきちんとした引越し日程はまだ不明ですが、ちゃくちゃくと引越し準備を進めております。出てくるものはゴミばかりでビックリしている状態ですが、元気にやっておりますので御安心くださいね。


さてさて、話は変りますが、NYというとよく『アートの街』と紹介される事が多いと思うのですが、ソーホー、チェルシーなどなど、街中たくさんのギャラリーを見かけます。
私の帰り道、Lexington Avenueと47丁目が交差した角にも小さなギャラリーがあります。普段は私自身あまり興味が沸かない作品を展示している事が多いのですが、先日(と言っても、2週間ほど前)、面白いパフォーマンスをしていたので動画にしてみました。


ギャラリーは締め切っていてアーティストの方一人がたんたんとパフォーマンスをしていたので外からの撮影しか出来なかったのですが、こちらのアーティストの方、上半身裸ですが、女性です。『胸』はきちんと黒のペイントで塗りこめていて見えないように工夫がされていました。


彼女の右下の床にあるのが黒のインクが入っているバケツ、そして彼女自身の『髪の毛』を筆(ブラシ)として使用していましたよ。


普段はオープニングパーティー以外あまり人がいないギャラリーもこの時はライブのパフォーマンスに人だかりが出来ていました。こういうところ、やっぱりニューヨークかな~なんてちょと感心。

===こんなパフォーマンス(アート)でしたよ===
[PR]
by kaorin-ny | 2006-05-26 01:45 | ニューヨーク

うさぎと卵とゆりの花

今週の日曜日、4月16日はイースター、イエス・キリストの復活した日を祝う復活祭です。
そして3日前の今日、金曜日は『グッド・フライデー』と呼ばれますが、イエス・キリストが処刑された日でもあります。


今週は12日の夜(日の入り)からユダヤ教のパスオーバー(過越し祭)というホリデーも重なっています。学校はその間短い春休みの期間。私が勤めるレストランもお客様(殆どユダヤ系)が来なくて売上がいつも以上に上がらないのが悩みの種。まっ、しょうがないですね。


オフィスの近くのロックフェラーセンターのビルの間は12月にはクリスマスのデコレーションで一色だったのが、この時期はカトリック教を象徴する白いゆりで埋め尽くされます。これだけたくさんあるととても素敵で、凛とした表情がいいですね。小さい女の子がお母さんと一緒にゆりの花を見ていました。近くでカメラを構えたら、彼女が振り向いて一緒にパチリ。
d0064134_2475753.jpg

植え込みの木が『ウサギ』にかたちどられて、これまた可愛い。
d0064134_255528.jpg

シャンペン・トリュフで有名なスイスのチョコレート屋さんではウサギと卵をモチーフにしたチョコレートが売られます。


その昔、中世社会では、イースターの9週間前は野鳥のたまごを食べることが禁止されていて、禁が解かれると、いっせいに野に出て野鳥のたまごを探し、それを割って食べたそうです。この風習が、「イースター・エッグ」の始まりです。
卵は新しい命の象徴=イエス・キリストの復活と考えられるのでしょうね。


イースター・バニー(うさぎ)は、最初は意味が分からなかったのですが、最近ようやく謎が解けました。
『うさぎが卵を持ってくる』という言い伝えがあり、そのためイースターに登場するようになったようです。イースターは『新しい命の誕生』を祝う物で、多産なうさぎはぴったりなんでしょうね~。


一つ注意事項は、日本の生け花に使われるゆりと違って、こちらでディスプレイされているゆりはおしべが取られていないことが多いのです。お近くでゆりを見る時は、おしべの『黄色い粉』にご注意ください。

[PR]
by kaorin-ny | 2006-04-15 03:14 | ニューヨーク

朝のパークアヴェニュー

今朝のNYは真っ青な空が広がる春めいた朝でした。昨日までかなり肌寒く、「春はいつ??」と疑うほどでしたが、ようやく春が来たようです。
d0064134_4455488.jpg

朝のパークアヴェニューの風景です。
d0064134_4485581.jpg

日本のようなピンク色の可愛い桜の花はNYの街中では見ることが出来ないけれど、白い花が咲く桜(?)の木が花を咲かせ始めました。(奥に見えるのは映画にもよく出てくるホテル、「ウォルドルフ・アストリア」です)
街中のこの白い花が満開になるのには、もう少しかかりそうです。

ハムズファンの方へちょっと寂しいお知らせがあります。
[PR]
by kaorin-ny | 2006-03-24 06:57 | ニューヨーク
やっとストライキが終わりました~


12月22日のお昼過ぎ、そうですね、だいたい2時ごろでしょうか。同僚から連絡がありストライキが終わったらしいとの知らせがありました。とってもうれしい知らせでした。


ストを止めた理由も、労働組合が1日ごとに課せられる罰金(NY州で法的に既に決定された物)を払える能力が無いこと、もし払えない場合は組合の役員が刑務所に入らなければいけないなどの組合側への悪条件が続いた為らしいです。まっ、刑務所は誰でも入りたくないですからね~。


しかし、大変なのはこの後です。いったん全部とまってしまったバスや地下鉄はそうそう簡単には動かせないようです。バスの場合は本日の夜、早くて8時ごろくらいから走り始めるようですが、地下鉄の場合はレールの点検等があり、走り始めるまでに12~24時間ほど時間がかかるとのこと。12月22日の地下鉄の運転はないということになります。ですので、ストは終了したといっても通常通りの運転がされるのは23日の朝(時間的に間に合えばですが)ということになります。


ストライキも3日目にもなると私達も次第になれてきて、「どのように安くタクシーに乗るか?」、「いかにして車の乗車人数4人を確保するか?」、「安く会社につく方法は?」と考える知恵がついていました。私がNYに住み始めてから7年弱になりますが、7年間の間、いろいろな出来事がありました。9/11のテロ、ブラック・アウト(アメリカ東海岸の大停電)、そしてNYのMTA地下鉄・バスのストライキ。どれもこれも日本にいたころには想像もつかない出来事でしたが、街、そしてNYに住む人たちのタフさというか、前向きさというか、頼もしさにはいつも感動を覚えます。とか言いつつ自分もかなり図太い神経が出来上がっている気がするんですけど(大爆)。



とにもかくにも、特別なことをするわけではないですがクリスマス前にストが終わって一安心でございます。ご心配頂きました皆様、色々ありがとうございました~。

写真がないですぅ~、なんだか寂しい気がしますが・・・たまにはいいかも!
[PR]
by kaorin-ny | 2005-12-23 12:53 | ニューヨーク

ストライキ。。。2日目

交渉決裂のまま何も進歩しておりません。

MTAの労働組合はNY州の裁判所の決定でストライキ1日ごとに百万ドルの罰金を支払わなければいけないわけですが、同僚の話や噂だと労働組合が保有しているお金が3百万ドル足らずしかないらしいとか・・・3日間のストライキで3百万ドルの罰金になりますから保有するお金は底を着いてしまうわけです。という事でもしかしたら現地時間の木曜夜、または金曜日が交渉の山場になるのでは???と皆さんが話しております。

しかし、マジで深刻な状況もあるようです。
d0064134_7562912.jpg血液を運んでくる車がストライキためマンハッタンに入ってこれないのです。マンハッタン市血液センターの輸血用の血液が底を突いてきて非常に危険な状況にあるそうです。ニュースではニューヨーク市民の献血を訴えています。

皆さん、今週末はクリスマスですよ。そのままスト続行しちゃうのかな??歴史的に心に残るクリスマスになりそうなのは山々ですが、それだけは回避していただきたいと心から思ってしまいました。

はぁ~~!
[PR]
by kaorin-ny | 2005-12-22 08:04 | ニューヨーク

ストライキ。。。

NYでは12月20日(火)の午前2時過ぎ頃からマンハッタン・クイーンズ・ブルックリン・ブロンクス・スタッテンアイランドを運行している全バス・地下鉄(Metropolitan Transportation Authority)がストライキを実行しはじめました。日本で言うと「賃上げ」その他もろもろの交渉の末に行われたわけですが、最終日までに会社側、そして労働組合側の提案の折り合いが合わず、やむなく労働組合がストライキを決行した形となります。実際にストライキが行われたのは25年ぶりだそうです。
d0064134_23784.jpg

*テープで入れなくなっている地下鉄のゲートです。
ニュースではじめて知ったのですが、NY市では一日に7百万人が地下鉄・バスを利用するとの事。交通渋滞を防ぐため、午前5時から11時まではタクシー・車には必ず4人が乗車していないとマンハッタンには入ってこられません。
d0064134_255878.jpg

*だれもいない地下鉄のブース
あいにく、私はマンハッタンに住んでいて、仕事先までは歩いて20分と条件の良い場所なので困りませんでしたが、いつも11時出勤の同僚(ウェイトレス・キャッシャー・バスボーイ・キッチンヘルパー・ディッシュウォッシャー)は皆遠くに住んでいるにもかかわらず朝6時からタクシーで通勤してきたり、歩いたりと時間内にしっかり出社してきていました。板前さんたちは私よりも早くて9時前には出社済みでした。

**この時とばかりにタクシーはメーターを使わなくていい事になってしまっています。ただしクイーンズからはどこから乗ってもマンハッタンまで片道$15.00、マンハッタン内は$10.00と普段よりかなり高額です。もちろんクイーンズからマンハッタンに入る場合、タクシーには後部座席に3名、助手席に1名と必ず乗員が4名いなければ入れてもらえません。
d0064134_295967.jpg

*車が全然通っていない5番街。
仲良くしているキャッシャーのおばちゃまは実はいま74歳。いまだに現役バリバリで働いているのですが、彼女も朝10時には既に出勤。その姿を見たとき、少し「ほろり」と泣きそうになってしまいました(だって彼女は身長が145cmくらいしかなくて小さいし、毛皮を着ているのでまるで小熊ちゃんのように可愛いのですよ、よくしゃべってたまにうるさいですが)。
今朝の気温はマイナス5度。彼女はマンハッタンとクイーンズを渡している橋を45分歩き、そしてマンハッタンに入ってからタクシーで会社まで来たそうです。キャッシャーなんて簡単な仕事と思うかもしれませんが、彼女の仕事に対する責任感に感動してしまいました。

朝のニュースでもたくさんの人たちが早朝5時ごろに起きて寒い中ブルックリンブリッジなどを仕事場に向けて歩いている姿が写されていました。「こんな日は仕事は休んでもいいや」と思って休んでいる人たちもいるのかもしれませんが、それでもたくさんの人たちがこうして長い距離を歩いて仕事場に行き、そして仕事をしている。「仕事をする」という事を考えさせられたストライキです。
d0064134_2225389.jpg

*上手く訳せませんが、多分スト中は車を止めちゃ駄目??(かなり怪しいです。信じないでね)
MTAと労働組合との交渉が上手く折り合うまでストライキは続きます。25年前は12日間行ったそうです。1日行われるだけでも相当な経済的ダメージがNY市にあるため、ストを1日実行すると労働組合には2百万ドル百万ドルの罰金、そしてストを行ったバス・地下鉄の運転手にも一人頭いくらかの罰金が1日ごとに課せられるのだそうです。

一日も早くストライキが終わる事を望んでやみません。皆さんがこのエントリーを読む頃には終わってるといいなぁ~。
[PR]
by kaorin-ny | 2005-12-21 02:37 | ニューヨーク
11月30日、点灯しました~。まずは5番街の通り沿いから撮影。168cmのわたしでも前が見えないくらいの人だかり。写真を撮るのも背伸びをしつつ、人の頭の上から撮りました。今日は大きめにしゃしんをのせま~す。
d0064134_95555100.jpg

だんだん近づいていきます。ふっと右を見るとベルギーのチョコレート屋さん。ウィンドウのディスプレイがあまりにもかわいかったのでパチリ!!サンタさんがかわいい!!
d0064134_9584996.jpg

うまそ~。じゅるり。。。
d0064134_9593688.jpg

さらに近づきます。
d0064134_1001559.jpg

はぁ~、これから1ヶ月、人・人・人だらけです。

おまけ。。。
[PR]
by kaorin-ny | 2005-12-02 10:06 | ニューヨーク
久しぶりにフェアウェイ・スパーマケットへ玄米を買いに行きました。季節柄、クリスマスツリーがたくさん飾られていましたので、今日は私がスーパーマーケットまで歩いた道のりで取ってきた写真をエントリーします。今日は時間もあったし、それほど寒くなかった(15度くらいはありましたよ)のでゆっくりピントを合わせて夜間撮影が出来ましたよ。

それでは、会社を出てからの道のりをたどりましょう。
d0064134_1315193.jpg

ちょっと移りが悪いけど、49丁目と5番街の交差点です。遠くに見えるブルーの光のあるビルはエンパイヤーステイトビルディングです。
d0064134_1317393.jpg

5番街の信号を渡って、交差点から見た高級デパートで有名なSAKS FIFTH AVENUEです。ビルの壁一面に雪の結晶のイルミネーションです。
d0064134_1318394.jpg

外側から雪の結晶のライトを当てているのではなく、電飾で結晶が作られ、壁にデコレーションされているんですよ。5番街を50丁目に向かって少し歩きます。
d0064134_13204837.jpg

点灯式前ですのでツリーの電飾はともされてませんが、この景色、見たことありませんか??そうです、「ホーム・アローン2」でマコーレ・カルキン君が最後の方でお母さんと会う場所です。
d0064134_1323435.jpg

「天使」もライトアップされてとてもきれいです。やはり、この場所をバックに写真を撮る旅行者の方が多いですね。
d0064134_13242773.jpg

ちょっと横にずれて、ツリーをメインに写真撮影。
d0064134_13271751.jpg

50丁目の交差点です。夜のパトリック寺院、かっこいいぃ~。昼間とはまた違った味わいがありますね。こうして夜にじっくり見るのもまた良い物です。
d0064134_13285035.jpg

50丁目を左に曲がり、6アベニューに向かって歩くと、左側にロックフェラーセンターのスケートリンク。夜にじっくり見たのはまたまた初めて。丁度スケートリンクを整備中でしたが、光と音楽がまたいい雰囲気をかもし出していました。
d0064134_13322537.jpg

点灯式前の巨大クリスマスツリーです。それでも、結構きれいですよね~。
d0064134_13341084.jpg

巨大ツリーの上に飾られているスワロフスキーのオーナメント。昼にも同じ写真を撮ったのですが、やっぱり夜のほうが綺麗です。
d0064134_1335429.jpg

スケートリンクを後にして6アベニュー交差点の手前のラジオシティーショップ。クリスマス恒例のショー、「クリスマス・スペクタキュラー」の衣装を着たマネキンさんです。実際には綺麗な足の長いお姉さまたちがこの衣装を着て華麗なダンスをいたします。一度は見てみたいにゃ~。
d0064134_13403272.jpg

そしてkaorinは無事に地下鉄の駅に到着、地下鉄に乗りフェアウェイマーケットへと買い物に行きました。
地下鉄を降りてすぐの場所で映画の撮影をしていましたよ(何の映画かはわかりませんけど)。
d0064134_13414248.jpg

この次は点灯式の次の日(当日は人が多いので無理でございまするぅ~)に綺麗な灯りのともったツリーの写真をアップする予定です。
[PR]
by kaorin-ny | 2005-11-29 13:43 | ニューヨーク