新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

うさぎと卵とゆりの花

今週の日曜日、4月16日はイースター、イエス・キリストの復活した日を祝う復活祭です。
そして3日前の今日、金曜日は『グッド・フライデー』と呼ばれますが、イエス・キリストが処刑された日でもあります。


今週は12日の夜(日の入り)からユダヤ教のパスオーバー(過越し祭)というホリデーも重なっています。学校はその間短い春休みの期間。私が勤めるレストランもお客様(殆どユダヤ系)が来なくて売上がいつも以上に上がらないのが悩みの種。まっ、しょうがないですね。


オフィスの近くのロックフェラーセンターのビルの間は12月にはクリスマスのデコレーションで一色だったのが、この時期はカトリック教を象徴する白いゆりで埋め尽くされます。これだけたくさんあるととても素敵で、凛とした表情がいいですね。小さい女の子がお母さんと一緒にゆりの花を見ていました。近くでカメラを構えたら、彼女が振り向いて一緒にパチリ。
d0064134_2475753.jpg

植え込みの木が『ウサギ』にかたちどられて、これまた可愛い。
d0064134_255528.jpg

シャンペン・トリュフで有名なスイスのチョコレート屋さんではウサギと卵をモチーフにしたチョコレートが売られます。


その昔、中世社会では、イースターの9週間前は野鳥のたまごを食べることが禁止されていて、禁が解かれると、いっせいに野に出て野鳥のたまごを探し、それを割って食べたそうです。この風習が、「イースター・エッグ」の始まりです。
卵は新しい命の象徴=イエス・キリストの復活と考えられるのでしょうね。


イースター・バニー(うさぎ)は、最初は意味が分からなかったのですが、最近ようやく謎が解けました。
『うさぎが卵を持ってくる』という言い伝えがあり、そのためイースターに登場するようになったようです。イースターは『新しい命の誕生』を祝う物で、多産なうさぎはぴったりなんでしょうね~。


一つ注意事項は、日本の生け花に使われるゆりと違って、こちらでディスプレイされているゆりはおしべが取られていないことが多いのです。お近くでゆりを見る時は、おしべの『黄色い粉』にご注意ください。

[PR]
by kaorin-ny | 2006-04-15 03:14 | ニューヨーク

ヴィラアサナ

”ヴィラアサナ”
『女の子座り』と私は呼んでいます。女の子ですが、これが出来ません(涙)。


今週クラスを取ったアイアンガーヨガでのプラクティスの一部のポーズでした。個人的に「おっ?!」と思ったのでエントリー☆
d0064134_5463034.jpg



以前にもエントリーした事があるのですが、私にとっては『拷問!』でしかないと思われるポーズ、スプタ ヴィラアサナの基本のアサナ、『ヴィラアサナ』。これはやっぱりどう頑張っても膝が引っ張られる感覚とアキレス腱が引っ張られる感覚が怖いのでなるべく練習しないようにしていました。(<--おいおい!)

しかし、今週取ったアイアンガーヨガのクラス(スタンディングポーズがメインのレベル1)でいきなり先生が始めるではないですか。
「キャ~」と思いつつも、『アイアンガーヨガで正確なアプローチの仕方を覚えたら、怪我をしないで練習できるかも?』と思い、先生の説明をしっかりと聞きました。


まず、このポーズにはブリックを1個使います(無理をしなくていいからうれしいわ)。”正座”をしますが、膝はつけたまま、そして足先の方は開いてブリックをお尻の下に引きブリックの上に座ります。丁度↑の写真のように膝下が外側に出ている、「崩れた正座」のようになります。この段階で既に膝とアキレス腱が”のび~”の状態でそのツッパリ感が痛いのですが、ここから『筋肉』と『皮膚(皮)』を自分でアジャストしていきます。

ブリックに座って正座をしている状態になりました。『皮膚』のアジャストに入ります。
正座している右ひざの下に右手のひらを入れます。膝を手のひらで包んでいる感じに近いですが、もう少し奥まで(むこうずねの辺り)まで手を入れます。

その手をゆーっくりと太ももまで皮膚を伸ばすように持ってきます。引っ張られていた膝の皮膚の位置が正しい位置に戻るような感じになりました。左足も同じように『皮膚アジャスト』を行います。

そして『筋肉』のアジャストです。『ふくらはぎ』の筋肉を手を使って外側にずらします。両足、片方ずつそれぞれやります。右足ふくらはぎは右手で、左足ふくらはぎは左手でアジャストするとしやすいです。

うーん、この説明では分かりにくいかもしれないけれど、たとえて言うなら『ブラを装着する時に、前かがみになってわきの下のたるんだ脂肪もカップに入れちゃう』ような感覚に似ているでしょうか。

とにかく筋肉を正座している足の外側に手でやさしくずらしてあげるのです。(分かりにくくてごめんなさい)。このアジャストをした後の”ヴィラアサナ”はいつもより膝のツッパリ感もアキレス腱のツッパリ感も少なかったです。

この筋肉のアジャストをTriang Mukha Eka Pada Paschimottanasana
(カタカナで書けませんでした)にも応用して練習しました。もちろんブリックに座ってです。以前、このポーズで右膝下右側の筋を痛めたことがあったのですが、その時はどうこのポーズを練習したらいいのか分からなかったんですよね~。この怪我が治るまで3週間かかったんです。


ヨガをプラクティスされている方々それぞれに目標と言うか、課題のような物があると思うのですが、今の私自信の課題は「怪我をしないで楽しくヨガをする事」。これが一番大事だな~と、そう思って楽しんでおります。そして怪我をしないでヨガをする為に私にとって必要なのがアイアンガーヨガ、毎回クラスに参加するたびに『色々な気づき』があって、ますます辞められません。

[PR]
by kaorin-ny | 2006-04-02 06:52 | ヨガ