「ほっ」と。キャンペーン

新しい家族、ルナを迎えNYでの生活も9年目に突入。NY, ヨガ、手作り石鹸、  ルナ、そしてシンプル・ナチュラルライフな日常。


by kaorin-ny
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
実家の家族の一員です。私の記憶では計算が合わなくなってしまうのだけど、今年で16歳。名前は「ちび丸(男の子)」です。
d0064134_23551441.jpg

残念ながらこの写真は2年前の2003年10月に撮ったもの。この年の6月におじいちゃんが(本来なら「祖父」と書いたほうがいいのですが、「おじいちゃん」で)他界して、本ワンの大事な仲間を失った年でもあります。

この時、すでに散歩で歩きすぎると足が「ぷるぷる」震え、おちっこをする時に片足を上げるときも支えきれず足が「ぷるぷる」震えていました。動物を飼うのは心も豊かになり楽しいものですが、「いざ」と言う時が人間様よりも早くやってくるのでつらいものですね。(うー、涙でそうだぁ~)

d0064134_072465.jpg

いつもこんな感じで眠ったり、ぼやぁ~っとしています。最近ではあまりにも「おじいさんワン」になってしまったらしく、目も良く見えないんじゃないかと家の母が言っていました。「雷」と夏の「花火(パンパン音がするもの)」が大嫌い。なので始まるとおばあちゃんが家に入れます。最近では雨が降ると「家に入れて!!」の催促が頻繁で、結局おばあちゃんの部屋に入れてやるのだそうです。そして、夜中は真っ暗な1階をうろうろと。。。何をさまよってるのでしょうね。

今年も会いに行くよぉ~、チビ!!
[PR]
by kaorin-ny | 2005-09-24 00:13 | つぶやき

田舎

ヨガの日記 カラダから自己改革のayuraさんと東北弁コメント返しをして私の故郷の事を考えてしまいました。

小学校は秋田県と岩手県の県境にある田沢湖町に住んでいた私。中学校も同じ町の中学に通うと信じていたのに親の都合で宮城県黒川郡に引っ越さなければならなくなりました。
中学が始まってなかなか友達もできなくって一人でいるときに良く思い出していた詩があります。

ふるさとの 山に向かいて言うことなし ふるさとの山は ありがたきかな
石川啄木

皆さんご存知の岩手県出身の歌人(詩人ですか?)、石川啄木の詩です。小学校の国語の教科書にのっていてとても簡単だけれども故郷を思う暖かい詩だな~と思って覚えていたのだと思います。

今の実家は宮城県に移ってしまって田舎が2つある感じ(もしかしたら贅沢かも)だけど、田舎はやっぱりいいなぁ~と少しおセンチな気持ちになってしまいました。10月に日本に一時帰国するのが待ち遠しい今日この頃です。

石川啄木記念館はこちら

         
d0064134_16241754.jpg


足の調子が良くなってようやくヨガも簡単なのができそうです。今週末はビクラムヨガで筋肉を暖めてこよう。。。。
[PR]
by kaorin-ny | 2005-07-02 16:26 | つぶやき